古物営業許可申請

古物の売買等は、その性質上盗品等の犯罪被害品が混入する可能性が高く、これを野放しにすると犯罪被害品が社会に流通し、結果的に犯罪を助長してしまうおそれがあります。

そこで、各種義務を果たして頂くことによって、窃盗その他の犯罪の防止を図り、併せて被害が迅速に回復出来る社会を維持していこうというのが古物営業法です。

  

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

古物営業とは?

古物営業には大きく分けて

  1. 古物商
    古物を自ら又は他人の委託を受けて、売買又は交換をする営業(リサイクルショップ等)
  2. 古物市場主
    古物商間での古物の売買又は古物の交換のための市場(通常はオークションのような競り売りの方法)を経営する営業
  3. 古物競りあっせん業
    古物の売買をしようとする者のあっせんを競りの方法(いわゆるインターネットオークションでの競りの方法)により行う営業

の3つの分類があり、営業形態に合わせてそれぞれの古物営業許可の申請をしていく必要があります。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

古物営業法でいう「古物」とは?

古物営業法でいう「古物」とは

  • 一度使用された物品
  • 使用されない物品で、使用のために取り引きされたもの
  • これらの物品に幾分の手入れをしたもの

を指します。

したがって、一度ユーザーの手に渡ったものを対象とするものであり、メーカー→卸売り→小売りという通常の流通段階にあるものは除外されます。

現在、古物営業法施行規則では古物を次の13品目に分類しており、営業所ごとに取扱う品目を定めて申請します。

  1. 美術品類
  2. 衣類
  3. 時計・宝飾品類
  4. 自動車
  5. 自動二輪車及び原動機付自転車
  6. 自転車類
  7. 写真機類
  8. 事務機器類
  9. 機械工具類
  10. 道具類
  11. 皮革・ゴム製品類
  12. 書籍
  13. 金券類

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

古物営業の許可を受けられない者

次の基準に該当する者は、古物営業許可を受ける事が出来ません。

  1. 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
  2. 禁錮以上の刑に処せられたり、一定の犯罪により罰金の刑に処せられて、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  3. 住居の定まらない者
  4. 古物営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者
  5. 営業に関して成年者と同一の行為能力を有しない未成年者
  6. 営業所又は古物市場ごとに管理者を選任すると認められないことについて相当な理由がある者
  7. 法人で、その役員のうちに上記1〜4までのいずれかに該当する者があるもの

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

古物営業許可申請に必要な書類

区分              書類
法人個人管理者

古物営業許可申請書

法人 登記事項証明書(登記簿の謄本)

定款

住民票の写し(外国人にあっては外国人登録証明書の写し)

役員全員

登記されていないことの証明書

役員全員

市区町村長の証明書(身分証明書)

役員全員

誓約書

役員全員

(法人用)

(個人用)

(管理者用)

経歴書(最近5年間の略歴を記載したもの)

役員全員

URLの使用制限を疎明する資料

ホームページを利用する法人のみ対象

ホームページを利用する者のみ対象

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

古物営業許可申請手続きの流れ

古物営業を

営もうとする方


古物営業許可申請書ほか
(正・副 2通)

営業所所在地を管轄する公安委員会

古物営業申請書が到達した後に審査

許可証交付までの期間は概ね40日


許可証交付
許可の場合

不許可通知
不許可の場合

※法律等の改正により、案内内容に変更が生じることがあります。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

古物営業許可申請手数料

古物営業許可申請手数料は、以下の通りとなっています。 

  • 新規許可申請・・・19,000円
  • 許可証の書換え申請・・・1,500円
  • 許可証の再交付申請・・・1,300円

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

古物営業許可申請Q&A

よくご質問を受ける古物営業許可申請のQ&Aをまとめました。

  1. 「古物」とはどのような物をいうのですか?
  2. 既に「古物」となっている物品を購入して売却する行為は、すべて古物営業に該当しますか?
  3. 小売店から購入した物を営業として売却する場合、「古物営業」になりますか?
  4. 自分で使っていた物をオークションで売りたいと思いますが許可は必要ですか?
  5. お客さんに売った商品を買い戻して、それを他に転売する場合も、許可が必要ですか?
  6. 無償で譲り受けた古物を販売する場合も許可は必要ですか?
  7. 新品を販売するに当たり、お客さんが持っているものを「下取り・値引き」する場合も許可が必要ですか?
  8. 外国に行って雑貨などを買ってきて、日本で売る場合は、許可が必要ですか?
  9. レンタル事業を行う場合は、古物商の許可が必要ですか?
  10. 個人で古物商の許可を取得しましたが、法人経営に切り替えたいと思います。許可証の書換はできますか?
  11. 個人で許可を受けていた父が亡くなりました。息子の私が店を引き継ぐことはできますか?
  12. 私が代表取締役で法人許可を得ています。息子に会社を譲りたいのですが?
  13. 許可を受けている法人が、今度、親会社に吸収され、古物営業も親会社が行うようになります。許可はそのままで大丈夫ですか?
  14. 許可を受けている法人が子会社を吸収し、会社の名称も変わりますが、新たな許可は必要ですか?
  15. 許可を受けている法人ですが、今度、グループ会社数社と合併し、会社名はそのままで新会社を設立します。許可はそのまま有効ですか?
  16. 許可を受けている法人が、今度、他の部門と古物営業部門を切り離し、当該古物営業部門が古物営業の屋号や名称はそのままで別会社を設立します。元の許可のまま営業できますか?
  17. 許可には古物毎に種類があるのですか?
  18. 古物商の許可は、どの都道府県公安委員会受ければいいのですか?
  19. 許可は、営業所毎に必要ですか?

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

1.「古物」とはどのような物をいうのですか?

古物とは、一度使用された物品、若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいいます。

但し、「物品」には鑑賞的美術品や商品券・乗車券・郵便切手・航空券・収入印紙等を含み、航空機・鉄道車両・20トン以上の船舶・5トンを超える自走式機械等を除きます。

なお、古物営業を行う者がその営業のために物品販売業者以外の一般顧客から買い受ける物品は、すべて古物営業法にいう「古物」として取り扱うべきこととされています。

  

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

2.既に「古物」となっている物品を購入して売却する行為は、すべて古物営業に該当しますか?

「営業」として行わず、一回的に行う場合は該当しません。

営業とは、営利の目的をもって同種の行為を反復継続して行うことをいいます。

「営業性」の有無については、行為の実情に即して客観的に判断されます。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

3.小売店から購入した物を営業として売却する場合、「古物営業」になりますか?

新品のみを扱う小売店から直接購入した物を売却する行為は、営業として行ったとしても「古物営業」に該当しません。

営業として行わず一回的に行う場合も当然に該当しません。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

4.自分で使っていた物をオークションで売りたいと思いますが許可は必要ですか?

自分で使用していたものも中古品ですので古物には該当しますが、自己使用していたもの、自己使用のために買ったが未使用のものを売却するだけの場合は、古物商の許可は必要ありません。

しかし、自己使用といいながら、実際は、転売するために古物を買って持っているのであれば、許可を取らなければなりません。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

5.お客さんに売った商品を買い戻して、それを他に転売する場合も、許可が必要ですか?

お客さんに売った物を、そのお客さんから買い戻す場合は、許可は必要ありません。

但し、お客さんからさらに転売されている場合に、そのお客さんから買い戻す時や、自社製品を売った相手以外の者から買い戻す場合は、許可が必要になります。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

6.無償で譲り受けた古物を販売する場合も許可は必要ですか?

古物の買い受け、交換又はこれらの委託により、売主等に何らかの利益が生じる場合は、許可が必要ですが、全くの無償で引き取ってきたもの、あるいは、逆に処分手数料等を徴収して引き取ったものを売る場合は、許可は必要ありません。

これは、古物営業法は、盗品等の流通防止や早期発見を目的としているので、例えば窃盗犯人が盗品を処分しようとするときに、何ら利益もなく処分する可能性が低いからです。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

7.新品を販売するに当たり、お客さんが持っているものを「下取り・値引き」する場合も許可が必要ですか?

下取りや値引きが、お客さんに対するサービスの一環として行われ、一律いくらか値引きします、という場合は、許可は必要ありません。

しかし、下取りする品物を査定等して値段に差が出たり、年式や型番等で値段をランク付けして下取りする場合は、許可が必要になります。

このような下取りは、新品を売る際に、買取料金と売却する新品の代金を相殺するわけですから、買取りに当たります。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

 

8.外国に行って雑貨などを買ってきて、日本で売る場合は、許可が必要ですか?

販売者自身が外国で買い付けをして国内に輸入したものを売るのみであれば、古物商の許可は必要ありません。

しかし、他の業者が輸入したものを日本国内で買い取って売る場合は、国内の被害品が混在する可能性があるので、許可が必要になります。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

9.レンタル事業を行う場合は、古物商の許可が必要ですか?

古物を買い取ってレンタルに使用するのであれば、許可が必要です。

但し、製造・販売メーカーから直に新品を購入してレンタルする場合は、必要ありません。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

10.個人で古物商の許可を取得しましたが、法人経営に切り替えたいと思います。許可証の書換はできますか?

個人で得た許可は、あくまでその方個人のものです。

例え、許可を受けた方が法人の代表取締役であっても、個人許可で法人による古物営業はできません。

無許可営業違反となってしまいます。

法人として新たに許可を取得してください。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

11.個人で許可を受けていた父が亡くなりました。息子の私が店を引き継ぐことはできますか?

亡くなったお父様の許可は、お父様個人のものですので、そのまま古物営業を引き継ぐことはできません。

息子さん自身が許可を取得する必要があります。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

12.私が代表取締役で法人許可を得ています。息子に会社を譲りたいのですが?

息子さんを代表取締役に選任した上で、古物営業法に基づく代表者の変更届出をすれば、当該法人の許可のまま古物営業を続けることができます。

ただし、息子さんに同法上の欠格事由がある場合は、この限りではありません。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

13.許可を受けている法人が、今度、親会社に吸収され、古物営業も親会社が行うようになります。許可はそのままで大丈夫ですか?

許可を受けている法人が吸収されるということは、その法人が消滅するわけですから、許可も消滅します。

親会社と言っても別法人ですので、新たに許可を取得しなければ無許可営業となります。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

14.許可を受けている法人が子会社を吸収し、会社の名称も変わりますが、新たな許可は必要ですか?

他の法人を吸収して自身の法人がそのまま存続するのであれば、許可は有効です。

名称の変更を内容とする許可証の書換申請、変更届出をしてください。
    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

15.許可を受けている法人ですが、今度、グループ会社数社と合併し、会社名はそのままで新会社を設立します。許可はそのまま有効ですか?

新会社を設立するのであれば、例え会社の名称はそのままでも別法人ですので、新たに許可を取得する必要があります。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

17.許可には古物毎に種類があるのですか?

古物の種類毎に許可の種類が違うわけではありません。

但し、許可申請時に主として取り扱う古物の区分及び営業所で取り扱う古物の区分を申請することとされています。

   

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

18.古物商の許可は、どの都道府県公安委員会受ければいいのですか?

古物営業を行う場合、古物の営業所(事業を行う拠点)の所在地を管轄する都道府県公安委員会毎の許可が必要になります。

例えば、東京都内に営業所を設ける場合は、東京都公安委員会の許可が必要ですが、他道府県にも営業所を設けるのであれば、その道府県公安委員会の許可が必要になります。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

19.許可は、営業所毎に必要ですか?

都道府県毎の許可ですので、許可を受けている都道府県内であれば、営業所毎の許可は必要ありません。

営業所を新たに増やすときは営業所の新設を内容とする変更の届出を行えば足ります。

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

お問合せ・無料相談会の予約はこちら!

【起業を助け隊】 Presented by 横浜経営法務事務所     
  

お問合せ・無料相談会の予約は以下の3つの方法からお選びください!
お電話でのお問合せ(10:00〜20:00)045-222-0852
メールでのお問合せ(24時間受付中)⇒ お問合わせフォーム
ご来社での無料相談(土日の相談調整可)⇒ 交通・アクセス
 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所の起業支援サービスメニュー

初めての起業(独立・開業・創業)を目指す方へ
起業するには何から始めればいいのか?融資が下りるための事業計画作成はどうすればいい?
適切な会社設立方法は?見落としてはいけない各種許認可手続きなど起業全般に必要な知識を
掲載した起業支援サービスサイトです。

【起業を助け隊】横浜経営法務事務所では、起業前の準備から起業後の会社運営までワンスト
ップサービスでのサポートをいたします。

 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業準備事業計【横浜経営法務事務所】チェック.jpg株式会社の設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpg会社の各種変更届出
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業の大失敗と対策【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他の法人設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他行政書士業務
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg日本公庫の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg許認可申請手続き【横浜経営法務事務所】チェック.jpgホームページの製作
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg保証協会の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg税務関連の届出【横浜経営法務事務所】チェック.jpg経営コンサルティング