古物営業許可申請Q&A

よくご質問を受ける古物営業許可申請のQ&Aをまとめました。

  1. 「古物」とはどのような物をいうのですか?
  2. 既に「古物」となっている物品を購入して売却する行為は、すべて古物営業に該当しますか?
  3. 小売店から購入した物を営業として売却する場合、「古物営業」になりますか?
  4. 自分で使っていた物をオークションで売りたいと思いますが許可は必要ですか?
  5. お客さんに売った商品を買い戻して、それを他に転売する場合も、許可が必要ですか?
  6. 無償で譲り受けた古物を販売する場合も許可は必要ですか?
  7. 新品を販売するに当たり、お客さんが持っているものを「下取り・値引き」する場合も許可が必要ですか?
  8. 外国に行って雑貨などを買ってきて、日本で売る場合は、許可が必要ですか?
  9. レンタル事業を行う場合は、古物商の許可が必要ですか?
  10. 個人で古物商の許可を取得しましたが、法人経営に切り替えたいと思います。許可証の書換はできますか?
  11. 個人で許可を受けていた父が亡くなりました。息子の私が店を引き継ぐことはできますか?
  12. 私が代表取締役で法人許可を得ています。息子に会社を譲りたいのですが?
  13. 許可を受けている法人が、今度、親会社に吸収され、古物営業も親会社が行うようになります。許可はそのままで大丈夫ですか?
  14. 許可を受けている法人が子会社を吸収し、会社の名称も変わりますが、新たな許可は必要ですか?
  15. 許可を受けている法人ですが、今度、グループ会社数社と合併し、会社名はそのままで新会社を設立します。許可はそのまま有効ですか?
  16. 許可を受けている法人が、今度、他の部門と古物営業部門を切り離し、当該古物営業部門が古物営業の屋号や名称はそのままで別会社を設立します。元の許可のまま営業できますか?
  17. 許可には古物毎に種類があるのですか?
  18. 古物商の許可は、どの都道府県公安委員会受ければいいのですか?
  19. 許可は、営業所毎に必要ですか?

    

▲このページのTOP(古物営業許可申請)へ

お問合せ・無料相談会の予約はこちら!

【起業を助け隊】 Presented by 横浜経営法務事務所     
  

お問合せ・無料相談会の予約は以下の3つの方法からお選びください!
お電話でのお問合せ(10:00〜20:00)045-222-0852
メールでのお問合せ(24時間受付中)⇒ お問合わせフォーム
ご来社での無料相談(土日の相談調整可)⇒ 交通・アクセス
 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所の起業支援サービスメニュー

初めての起業(独立・開業・創業)を目指す方へ
起業するには何から始めればいいのか?融資が下りるための事業計画作成はどうすればいい?
適切な会社設立方法は?見落としてはいけない各種許認可手続きなど起業全般に必要な知識を
掲載した起業支援サービスサイトです。

【起業を助け隊】横浜経営法務事務所では、起業前の準備から起業後の会社運営までワンスト
ップサービスでのサポートをいたします。

 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業準備事業計【横浜経営法務事務所】チェック.jpg株式会社の設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpg会社の各種変更届出
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業の大失敗と対策【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他の法人設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他行政書士業務
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg日本公庫の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg許認可申請手続き【横浜経営法務事務所】チェック.jpgホームページの製作
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg保証協会の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg税務関連の届出【横浜経営法務事務所】チェック.jpg経営コンサルティング