株式会社機関設計の重要性

株式会社設立の手続きの前にあたって、機関設計は非常に大切です。

機関とは、株式会社の意思決定や業務を執行する組織のことを言い、代表取締役や取締役、株主総会、取締役会、監査役、会計参与などから構成されます。
そして、これらの機関を組合わせることを機関設計と言います。

会社設立の手続きは、書類をキチンと準備すれば、スムーズに行えますが、その土台である機関設計を決めることは、あなたが思っている以上に難しく、機関設計によって会社の経営も変わってきます。

市販の本では、会社設立の手続きに関しては書かれていますが、土台である機関設計の説明については省略されていることが多く、ただ単に、会社を設立すればよいというわけではありません。

経営者として、役員の責任や経営上のリスクも最低限、知っておく必要があります。

会社を設立するということは、一生に一度あるかないかの大事なターニングポイントですので、面倒ではありますが、経営者としては、この最初の機関設計を知ることが重要です。

機関設計の組合せは、役30パターンあり、その中から自分の会社に合うものを選択します。

なお、株主総会と取締役は必ず、設置する必要があり、決定した機関は定款に記載しなければなりません。

もし、この土台である機関設計に不安のある方は、我々のような専門家にご相談してみるといいでしょう。

    

▲このページのTOP(株式会社機関設計の重要性)へ

株主と株主総会

株主総会は会社の出資者である株主が出席して、会社の運営や管理などの事項について決議をします。

株主総会は毎年、決算が終わった後に必ず開かなければなりません。

詳細は「株主と株式譲渡制限」「株主総会の基礎知識」のページでお話します。

   

▲このページのTOP(株式会社機関設計の重要性)へ

取締役と取締役会

取締役・代表取締役は、株主総会で株主から委任されて会社の経営を行います。

取締役が3名以上いれば取締役会を置いて、取締役全員で会社の業務についての意思決定を取締役会で決めることができます。

取締役会を置かない場合は、株主総会で意思決定を決めます。

詳細は「取締役と取締役会」のページでお話します。

   

▲このページのTOP(株式会社機関設計の重要性)へ

監査役・監査役会と会計参与・会計監査人

これらの機関は会社の運営に直接関わるのではなく、業務が適切に行われているか、決算書が正しく作られているかをチェックするのが主な役割です。

ただし、会計参与は決算書を作る側になります。

詳細は「監査役と会計参与」のページでお話します。

   

▲このページのTOP(株式会社機関設計の重要性)へ

お問合せ・無料相談会の予約はこちら!

【起業を助け隊】 Presented by 横浜経営法務事務所     
  

お問合せ・無料相談会の予約は以下の3つの方法からお選びください!
お電話でのお問合せ(10:00〜20:00)045-222-0852
メールでのお問合せ(24時間受付中)⇒ お問合わせフォーム
ご来社での無料相談(土日の相談調整可)⇒ 交通・アクセス
 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所の起業支援サービスメニュー

初めての起業(独立・開業・創業)を目指す方へ
起業するには何から始めればいいのか?融資が下りるための事業計画作成はどうすればいい?
適切な会社設立方法は?見落としてはいけない各種許認可手続きなど起業全般に必要な知識を
掲載した起業支援サービスサイトです。

【起業を助け隊】横浜経営法務事務所では、起業前の準備から起業後の会社運営までワンスト
ップサービスでのサポートをいたします。

 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業準備事業計【横浜経営法務事務所】チェック.jpg株式会社の設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpg会社の各種変更届出
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業の大失敗と対策【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他の法人設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他行政書士業務
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg日本公庫の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg許認可申請手続き【横浜経営法務事務所】チェック.jpgホームページの製作
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg保証協会の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg税務関連の届出【横浜経営法務事務所】チェック.jpg経営コンサルティング