※損益分岐点売上高公式(いくらの売上があればよいのか?)

売上高の算出は、基本的に実現可能な数値を把握するために行いますが、これとは別にいくらの売上高が必要なのかについても把握しておかなくてはなりません。

最低限必要な売上高を把握することで、実際の販売促進やプライスラインも明確になってきます。

この最低限必要な売上高の事を損益分岐点売上高といいます。

言い換えると損益分岐点売上高は、損失も利益も出ていない売上高となります。

当然、この金額以下の売上なら赤字となりますし、金額以上であれば黒字となります。

もし、損益分岐点売上高を達成できないようなら計画の見直しをしなければなりません。

損益分岐点売上高の計算式は

  • 損益分岐点売上高=固定費÷(100%−変動費率)

となります。

例えば、売上が200万円、固定費が100万円、変動費率が売上高対比70%の経営だったとすると、変動費は200万円×70%=140万円となり、固定費100万円と変動費140万円を合算すると合計240万円の経費がかかることになります。

つまり、売上高が200万円ですから、40万円の赤字になってしまいます。

では、上の損益分岐点売上高に当てはめて計算すると100万円÷(100%−70%)=約333万円となり、利益も出ないが損失を出さない売上高は約333万円必要になることがわかります。

策定した売上高計画が目標経費を上回る利益を上げることが可能かどうか、もし赤字になれば、

  • 目標経費を減らすことができないか
  • 売上高を増やす可能性があるかどうか
  • 変動費率(粗利益率)を引き上げできないか

などを再度検討する必要があります。

損益分岐点売上高の算式はとっても有効な手段となりますので大いに活用してください。

   

▲このページのTOP(収支計画書〈損益計算書〉の作成)へ

お問合せ・無料相談会の予約はこちら!

【起業を助け隊】 Presented by 横浜経営法務事務所     
  

お問合せ・無料相談会の予約は以下の3つの方法からお選びください!
お電話でのお問合せ(10:00〜20:00)045-222-0852
メールでのお問合せ(24時間受付中)⇒ お問合わせフォーム
ご来社での無料相談(土日の相談調整可)⇒ 交通・アクセス
 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所の起業支援サービスメニュー

初めての起業(独立・開業・創業)を目指す方へ
起業するには何から始めればいいのか?融資が下りるための事業計画作成はどうすればいい?
適切な会社設立方法は?見落としてはいけない各種許認可手続きなど起業全般に必要な知識を
掲載した起業支援サービスサイトです。

【起業を助け隊】横浜経営法務事務所では、起業前の準備から起業後の会社運営までワンスト
ップサービスでのサポートをいたします。

 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業準備事業計【横浜経営法務事務所】チェック.jpg株式会社の設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpg会社の各種変更届出
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業の大失敗と対策【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他の法人設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他行政書士業務
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg日本公庫の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg許認可申請手続き【横浜経営法務事務所】チェック.jpgホームページの製作
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg保証協会の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg税務関連の届出【横浜経営法務事務所】チェック.jpg経営コンサルティング