NPO法人となるための要件

活動の対象があらかじめ限定されていたり、特定されていたらNPOとしての趣旨からはずれてしまいます。

  • 誰もが会員になれるようにする
  • 会員のみを対象とした活動(サービス)をしない

ことがNPO法人格取得のためには必要となります。

       

特定非営利活動(17分野)を行うことを主たる目的とすること

営利を目的としないものであること(これは、収益事業が認められないということではなく、収益の余剰金を役員等に配分することが認められないということです。)

社員(注)の資格の得喪に関して、不当な条件を付さないこと

例えば、入会金50万円以上といった場合や、○○高校卒業者のみとした場合など、会員として参加できる者が限定されてしまう条件を付けた場合、NPO法人として認められません。

(注)社員は、NPO法人の構成員のことで、総会において議決権を有する者が該当します。

※活動目的を理由とした合理的な条件は認められます。例えば、専門的資格を必要とする活動(医療活動等)を行う場合の医師等の資格条件

役員のうち報酬を受ける者の数が、役員総数の3分の1以下であること
5 

宗教活動や政治活動を主たる目的とするものでないこと

(宗教関係者が集まり学童保育等を行う場合は、主目的が宗教的活動とはならないため、問題ありません。政治的活動としては、自由主義・共産主義等の政治上の主義を推進する活動を主な目的として行う場合、NPO法人としては認められません。ただし、政治上の「施策」の推進や政治提言を行うことは問題ありません。)

特定の公職者(候補者を含む)または政党を推薦、支持、反対することを目的とするものでないこと
暴力団でないこと、暴力団又は暴力団員の統制の下にある団体でないこと
役員として、3人以上の理事、1人以上の監事がいること

10人以上の社員(会員)を有するものであること

※役員と社員をかねることは可能です

10人の中に、理事・監事を含めてかまいません。

    

▲このページのTOP(NPO法人設立)へ

お問合せ・無料相談会の予約はこちら!

【起業を助け隊】 Presented by 横浜経営法務事務所     
  

お問合せ・無料相談会の予約は以下の3つの方法からお選びください!
お電話でのお問合せ(10:00〜20:00)045-222-0852
メールでのお問合せ(24時間受付中)⇒ お問合わせフォーム
ご来社での無料相談(土日の相談調整可)⇒ 交通・アクセス
 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所の起業支援サービスメニュー

初めての起業(独立・開業・創業)を目指す方へ
起業するには何から始めればいいのか?融資が下りるための事業計画作成はどうすればいい?
適切な会社設立方法は?見落としてはいけない各種許認可手続きなど起業全般に必要な知識を
掲載した起業支援サービスサイトです。

【起業を助け隊】横浜経営法務事務所では、起業前の準備から起業後の会社運営までワンスト
ップサービスでのサポートをいたします。

 
【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg【起業を助け隊】横浜経営法務事務所メニュー?.jpg
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業準備事業計【横浜経営法務事務所】チェック.jpg株式会社の設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpg会社の各種変更届出
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg起業の大失敗と対策【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他の法人設立【横浜経営法務事務所】チェック.jpgその他行政書士業務
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg日本公庫の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg許認可申請手続き【横浜経営法務事務所】チェック.jpgホームページの製作
【横浜経営法務事務所】チェック.jpg保証協会の融資制度【横浜経営法務事務所】チェック.jpg税務関連の届出【横浜経営法務事務所】チェック.jpg経営コンサルティング